・南の国のミュージアム ミャンマー編

未分類

  同じカテゴリの記事が一覧表示されます
edit-notes16.png--.--.--.

スポンサーサイト

⇒ 続きを読む

ホワイホン...

クリックで
記事が開きます
edit-notes16.png2011.07.19.

異国で迎えた誕生日

4月末で電話代滞納という事で回線が切られてしまった。どうも前の住人の方へ請求書が行っていたみたい。ようやく祝日終えて昨日支払いを済ませネットも開通した。4月30日が誕生日だったのでその様子を書くことにします。いつもゴールデンウイークは結婚記念日、私の誕生日、次が息子、その前後に母の日が来るので何かとお祝い事が多い。ことしはまずゴールデンウイークが関係ないが、ラオスでも選挙とメーデ、その代休と続いて不規...

クリックで
記事が開きます
edit-notes16.png2011.05.03.

異国で迎えた誕生日

ラオスに来て2か月経ちました

区切りの日を迎えましたので日本の友人に近況報告のメールを書きました。各位さて、わたくし1月6日ラオスに到着してから今日で2か月目となりました。初めの一か月は首都ビエンチャンのホテルに滞在しながら、各省庁への表敬、交通事情や安全、またボランティア総会などさまざまな現地研修とともに、2週間余のラオス語学校への通学がありました。なんとかサバイバル会話を覚えて2月7日に任地ルアンパバンに移りました。しかし、ここ...

クリックで
記事が開きます
edit-notes16.png2011.03.07.

ラオスに来て2か月経ちました

謁見の間 撮影

ルアンパバン王宮博物館の内部は撮影禁止なのでどんなふうになっているのか皆目わかりませんでした。内部で仕事をしてみて予想を上回る素晴らしさです。 すでに植民地化し傀儡政権と化していたフランスが、外向けには一応ラオスの王政を保護しているという形をとるために、立派な王宮を築いたのです。 その王宮の目玉の「謁見の間」には、全壁面赤地に鏡面や色ガラスを使ってモザイク画が描かれている。外光や照明に輝いて角度によ...

クリックで
記事が開きます
edit-notes16.png2011.02.17.

謁見の間 撮影

ルアンパバンに着きました

ルアンパバンに移りました。まだ何もわかりませんが、観光客でごった返していて活気ある町の印象です。当面の宿舎は王宮の隣のPhounsab Guesthouseという古い建物です。この町のど真ん中なのでいろんな便は最高いいところです。今日は知事公舎で知事にあいさつ、博物館で館長にあいさつしてきました。若い聡明な女性館長でこれからの活動が楽しみです。大勢の観光客の訪れる内側にいてお迎えするのは王様になった気分です。しばら...

クリックで
記事が開きます
edit-notes16.png2011.02.08.

ルアンパバンに着きました


MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。