スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

日本写真学会への要望書

日本写真学会への要望書

一時帰国中に入会した

日本写真学会
より入会お礼のメールが来て、意見なり要望をとのことです。それでお言葉にあまえ今、作業で困っていることなどにアドバイスをいただけないか。いっそのことこちらルアンパバーンに来ていただけないか・・なんともぶしつけなお願いを書いて送ったところです。


日本写真学会への要望

現在ラオス・ルアンパバーン国立博物館においてJICAのシニア海外ボランティアとして同館の所蔵する写真・ネガの整理をしております。この度は任期中の一時帰国でアルバムの古い写真の保存についてお尋ねしたく山口先生をお訪ねしました。ちょうどその日がセミナーというタイミングでした。特に白岩洋子氏の震災支援のお話は当面する私の課外で興味深く伺いました。以前いた美術館で画商さんとして面識があり驚きました。


私の意見といいますか要望をお聞きいただければありがたいと思い本メールに返信させて頂きます。


ルアンパバーン国立博物館は1975年の革命まで王宮でした。革命によって王政が廃止され翌年より博物館となりました。王宮が1909年フランスの傀儡政権によって建築されました。


したがってここには1900年前後から75年までの写真資料が膨大に手つかずで残っています。私が今年2月赴任して全容を数えましたところ概略で、9000枚近いネガフィルムと3万5千点の紙焼き、ガラス原版500枚などが収納されています。


写真の半分は紙焼きのまま、半数はアルバムに張られたままで、台紙が劣化しているものや虫食い、カビなどの被害のあるもの張り合わされてはがれないのもなども多々あります。


ボランティアは私一人で、館員1,2名でスキャナによるデータとり、劣悪なアルバムを台紙よりはがす作業を行っています。もう一つ大変のは、これらが王様のファミリーアルバムだったり、外遊、来賓の接待、国内視察、宗教行事、内戦、ルアンパバーンの古い風景や生活など多岐にわたりながら年代の不明なもの、人物の不明なものが大半です。


私は2年の任期できていますが、すでに半分近くなっておりその整理の困難さがわかりました。


それで学会にお願いなのですが、専門的な技術を持つ方に一度来ていただけませんでしょうか。特に下記の作業は専門性が高く技術的な協力支援が求められます。


・専門的に古写真を古いアルバムからはがす作業。

・虫害、カビなどの除去。

・長期保存に耐える収納方法。


私は美術館学芸員を長く経験し、収蔵品の分類、テーマ別、年代別整理を中心に現在は行っています。次のアルバムからの分離と新ケースへの移行は来年からの作業として計画しています。



東南アジアの小国ながらベトナム戦争でアメリカに痛めつけられ、その後も内戦によって多くの人命や被害を受けながら、奇跡的に無傷の王宮には多くの王政側からみた写真がうずもれています。1941年のシアヌーク王子の来訪や1967年に佐藤栄作首相の来訪、1970年のシサワンワッタナー王夫妻の大阪万博出席、天皇との表敬など日本との交流を示す写真もいくつかあります。


私としては学会で支援というおおげさなものでなくとも、有志を募集し世界遺産の街、ルアンパバーンへの旅行を組んでいただき、数日を博物館の写真保存の指導に立ち寄って頂くようなことができれば大変ありがたいことです。


まことに最初からぶしつけなお願いで恐縮ですが、ご検討に値することでしたらぜひよろしくご高配のほどお願い申しあげます。(2011.11.19)

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。