スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

姫路市内ミュ-ジアム駆け足鑑賞

姫路市内ミュ-ジアム駆け足鑑賞

古巣の姫路市に2泊したが、日曜だけ時間が取れたのでやはり気になる4館には駆け足で覗いて回った。

朝からM嬢ら3人組が迎えに来てくれて、大手前広場では毎年秋に開かれる国際フェスティバルからスタート。どうも人出が少ないなと思ったら昨日の魚吹神社の祭りが今日にずれ込んだのでその影響だという。なつかしいトビーや協会の幹部にもあいさつ。

美術館は「描かれた姫路城」展だったが、これまでも何度か開いた展覧会、お城が見えないではいまいち来館者も少ない。ボランティアの橋本さんお元気で驚きました。一年ブリではそんなに顔ぶれも変わってなかったが・・

姫路文学館は「江の娘 千姫展」・・・NHKの大河ドラマにあやかって姫路で10年暮らした千姫を取り上げていた。本多忠刻に再嫁した千姫が長男を亡くし、夫も亡くした地だが70歳まで生きたとは知らなかった。辻村ジュサブローの人形も飾るなど資料の少ない展覧会をうまく構成していた。

工芸館には前日行く予定でお昼も用意してくれたというが、大方に会えてよかった。K君、Y君も元気そうでなにより、実演に来ている職人のはりこの松尾さんも独楽の西沢さんも病み上がりな割にお元気そう・・・
中右さんのコレクションによる「大正ロマン・昭和モダン展」だが夢二や華宵で持つのかな。宣伝にも寄ると思うが文学館に比べると静か。

最後に微妙な時間だったが届け物もあって県立歴史博物館の「四大浮世絵師展」も拝見。写楽・歌麿・北斎・広重・・こちらも中右コレクションでこの度は二館で彼のコレクションが公開されている。写楽だけでも20点所蔵する定評ある内容なのだがここでもお祭りの影響で・・・とか言っている。そんなに関係ないと思うが・・・






Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。