スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

メコン川ものがたり展

メコン川ものがたり展

職場では17日から始まる「メコン川ものがたり展」の最終準備でにぎやか。スウェーデン、カンボジア、ビエンチャンの学芸員が集まって最後の詰めだった。夜は国際色豊かなビアラオパーティ。カンボジアのテスはベトナム、ラオス語、日本語もできるすごいやつ。

この展覧会はSIDAというスウェーデンのJICAのような支援団体がサポートして、3か国を巡回している。旧フランスの植民地いわゆるインドシナ3国というわけだ。2009年ベトナムのハノイで始まってカンボジア、ビエンチャンとまわりルアンパバーン国立博物館が最後の会場となる。各国2会場でその都度、他館のキューレタが準備に集まり、館長クラスを開会式に呼ぶのでその費用は計り知れない。

最後は来年支援国のスウェーデンの民族博物館で最終回を迎えそのまま資料は同館に寄付されるという。2005年くらいから準備をしていたというので多くの費用と人出と時間をかけた一大国際展といってよい。

しかし、こうした経験の乏しい途上国のキュレータにとって互いの館を知り、知己を得て西洋流の展覧会運営に触れることは無形の財産が蓄積され、援助の一形態としてはすぐれたアイディアだと感心する。JICAでもこうした息の長い援助を開会式
すれば相手国に生きた成果が期待できるのではないか。

今回はお客さんなので口は出さないが、できる限りの応援をしている。したがってこの期間、自分の仕事は全くはかどらずオーストラリアにファイリングシステムの援助を申請したり、JICAに収納ロッカーの申請をする書類作りをしている。

明日はいよいよ開会式で世界各国から多くの来賓が来そうだし、JICAの在ルアンパバーンのボランティア全員招待状を頂いたので楽しみだ。野外パーティも成功するように雨が降らないといいが・・・

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。