スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

ルアンプラバンは建築ブーム

ルアンプラバンは建築ブーム

世界遺産の指定地は王宮を中心としたシーサワン通りやサッカリン通りなどメインストリートですが、それぞれメコン川とナムカン川に挟まれて半島のような形をしています。この通りや裏通りを歩くと建築中の建物が多くビックリします。

とにかくゲストハウスの新築が多い。すでに数えきれないほどゲストハウスはあるのですが、その合間を縫って2階建て以下の小さなゲストハウスはどんどん増殖しています。こんなに建ってどうするんだろうと心配になるほどです。


世界遺産地域に建てられない大型ホテルは、メコン川下流域から周辺の山寄りに散らばって建てられつつあるので
総全体ではどれだけ客室があるのかわかりませんが建築ブームは確かです。

そして、私の住んでいるナビアンカームという中心街から車で5,10分んもあたりでも見渡しただけで7,8軒の信建築中の家が見えます。一応鉄筋なのですが日本では考えられない簡単なつくり・・4本位の鉄筋を2,30センチの木枠にはめてコンクリートを流し込んだら終わりみたいな柱、2階は竹かなんかで組んだ上に横の梁を渡し乾いたらその上に2階の柱を立てていきます。
hasira.jpg


地震がほとんどないとはいえ震度5でも壊れるでしょう。心配でなりません。周囲を見渡すとまずは竹で組んだ家が徐々に木造になり、次に石造りの一階に木造、その次に現在の鉄筋柱、レンガ壁、コンクリート上塗りといった工法に落ち着いたようです。

世界遺産地域のゲストハウスは鉄筋、2階木造という古めの家の形を踏襲しているところが主流です。

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。