スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

写真とネガの保存

写真とネガの保存

ルアンプラバンでは国立博物の写真とネガの整理保存を中心に仕事をしているのですが、いってみれば王室アルバムの担当という事です。整理を始めて一体何が何枚あるかすら全く未整理なのでわかりません

もちろん写真がもっとも多く、次いでネガフィルム、ガラス原版、レコード、ポストカード、切手等々なのですが、まずはネガフィルムを手始めに透明ビニールに時代順に整理しバインダー式のアーカイバルファイルを作りました。

このアルバム、ビニールファイルはボランティアで見えていたオーストラリアの国立博物館のカメラマン、ジョージ・セラ氏に頼んで送ってもらいました。写真本体用のボックスはJICAに依頼するつもりです。いずれにせよ予算のないここでは諸外国の援助に頼るしかないようです。

一部のフィルムは悲惨な状態でした。40年以上の前のフィルムを裸のまま重ねて紙で包んであったような状態だったので互いの面がしっかりくっついてしまい無理にはがせば写真まではがれてしまいます。

お湯に漬けたり、中性洗剤に漬けたりいろいろ試してみたのですが、薄めたアルコール液がもっともよかったようで、なんとか分離に成功しました。しかし、この時代のカラーフィルムはダメですね。

赤く変色し画像も薄れたぶん使い物にならないでしょう。本当にデジカメの時代になって良かったと思います。ただ、保存がよければモノクロフィルムは立派なものです。ほとんど劣化せず40数年の歴史を刻んでいるものもあります。

今日はすべてのアルバムをファイル化して正確に一枚一枚のフィルム数を数えたところ8,057枚ありました。事前にあてずっぽうでみんなに予想数を聞いたところ1万8千から3万という事なので誰も当たりませんでした。


当然、フィルムはきちんと残っていないので現存の写真はこの数倍は軽くあります。

ともあれ、課題の一つネガ・フィルムの整理を一段落することができて次の写真の整理に進めそうです。記念に撮った写真です。


Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

No title

堀さんの本領発揮する仕事ですね。
ところでデジタルデータのバックアップはどのようにやっているのですか?

No title

一度自分の作品のネガをスキャナを使ってPCに取り込んだことがありますが、なかなか大変な作業でしたので、大変さがよくわかります、暑い時ですが頑張ってくださいませ。

No title

gaku mochizuki さん
いつもコメントに励まされます。まずは分類にせいをだし、スキャニング、データ処理は2年目にしようと思っています。技術的なことを一時帰国で研究してくるつもりです。

No title

kenさん
原版の保存とデータ化をうまく進めていかなくてはなりません。
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。