スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

ヤンゴンの水掛け祭り てぃ

ヤンゴンの水掛け祭り てぃ

ヤンゴンの水掛け祭り
年の終わりを清め水を掛け合い新年を迎える水掛け祭りティンジャンは4月の13日から4日間、したがって新年は17日ということになる。暦の上では12日から21日まで10日間の大型連休だ。

職場の仲間テテエが「ホリサワ、水掛け祭りに行くから朝8時に迎えに行くよ。」数日前に誘われ早いなと思いながら時間通り道に出ると小型トラックが迎えに来た。運転手は彼の弟のニニーさん、奥さんが横に乗り娘さんとテテエ、私たち夫婦が荷台に乗る。

インヤ湖沿いのカバエパヤーロードには、10カ所以上ステージが作られていてガンダムの飾りがあったり、音響設備があってどこに観客席があるのだろう。何がどうなっているのかちっとも解らない。「ホリサワ、バスタオル持って来たか。」まず、「どうせぬれるのに何でバスタオル要るの?」一番端のステージに着くと早速ニニーさんが冷えたビールを買って来てくれた。

車の列が動き出すと一瞬にしていろんな疑問が解けてしまった。「ワー、ワー、きゃーきゃー」ステージの上から横から放水の一斉攻撃が始まった。100本くらいの消防ホースのように先が尖ったビニール管をもって直撃してくる。バスタオルはそれの防御盾だった。サングラスよりゴーグルの方が効果的。

大音響に合わせてビールを飲みながら早くも若者たちは踊りまくっている。中には有名スターの歌っているステージもあれば、水を掛けるだけの台もある。つまり観客はオープンカーに乗って前を通り抜ける乗客であり、まるでわざ滝つぼに入って水を浴びて来るイメージだ。

ステージで水を掛けたりショウを見るチケットが食事付きで3日券が5000円、1日券で2000円だということだが、出演者によっては1万円のところもあるそうだ。軽トラにぎっしり乗っている車の方は150円ほどだそうで、中にはジープやタクシーもある。

水を掛けてもらうために渋滞しながら一通りダウンタウンにも回り、町中の喧騒を見せてもらった。スーレーパゴダのそばのシティーホール前がメイン会場で警備も凄いがショウの人出も半端でない。

近くのローカル食堂でランチをご馳走になりニニーさんのお宅で昼寝をさせて頂き4時から夕方の部に突入。近所の若い娘らも合流しますます賑やかに騒ぎなら繰り出すと「とても65歳には見えないですね」とビルマっこに冷やかされた。

それにしても安上がりで興奮できて楽しい祭りだ。考え出した人は偉い。去年はラオスで水祭りだったが道道でバケツや水道から水を掛けるだけ、こんな大掛かりな舞台はない。しかも、ラオスは色水を掛けたりうどん粉を塗りつけたり少々エゲツない。しかも一週間も前からフライングをする。

その点ミャンマーのティンジャンは心優しい。時間も9時から正午、3時から夕方の6時と決まっている。たまに冷たい氷水は飛んでくるがそれぐらいのもの。しかも市内全域で百カ所くらいあり、車で回るので広域で楽しめる。

日本人の仲間たちは大方この喧騒を避けて外国に遊びに行く方も多いが、私はすっかりハマってしまった。また一つ好きになる要因が増えてテテエに「また来年も来るからね」なんて簡単に言ってしまった。20140415205802c25.jpg
20140415205507ab8.jpg
<
20140415205708d20.jpg

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。