スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

ミャンマーの博物館 への提言

ミャンマーの博物館 への提言

20140403163658ceb.jpg


限られた期間で限られた博物館しかし訪問していないが、ミャンマーの博物館の印象をまとめてみた。今ミャンマーは大きく変貌しようとしており、変わりゆく人々の生活風俗を今のうちに系統的に収集しておかないと多くが失われるのではないかと危惧している。特に地方は博物館施設が貧弱で各州に設置されているものの、展示のしたままと言う所が多い。また、収集や保存、展示を手がける学芸員の充実が焦眉の急であろう。

麻薬撲滅博物館 Drug Elimination Museum
・2001年開館、鉄筋コンクリート3階建て
・ジオラマを中心に見るだけで麻薬の歴史、撲滅への取り組みが良く分かる。
・展示のデータが古くなっており、常に最新のデータへの更新が望まれる。
・ジオラマや展示ケースの破損や汚れが目立つ、日頃のメンテェナンスが必要。

ボーヂョアウンサン博物館 Bogyoke Aung San Museum
・建国の父、アウサン将軍を知るには格好の記念碑的存在。
・展示写真などが劣化している。パネルや写真の再制作が望まれる。
・庭にベンチなどあるといい、

宝石博物館 Myanmar Gems Museum
・宝石の宝庫ミャンマーの特色を見せるには欠かせない博物館。
・有料空間が狭いのが残念。
・野外展示の原石は大きくインパクトがある。
・ほとんど売り場のイメージで外国人には博物館に見えない。
・ゆったりとしたカフェなどが休憩所が欲しい。

王宮発掘現場と博物館 Kanbawzathadi Palace & Museum Bago
・16世紀、バイナウン王の住んでいた王宮で最近再建された。
・広い敷地に立つと王宮の豪壮さは想像できる。
・外見は創建時に合わせているが、ガラス張りなど違和感がある。
・発掘された多くの柱材以外は実物に乏しく、ほとんどがレプリカ。


マンダレー王宮宝物館 Mandalay Palace Museum
・1990年再建された旧王宮の一角に位置する。
・展示室は仮設で保存上極めて好ましくない。
・直射日光や外気が展示室に入り、劣化の原因になっている。
・保存上弱い布製品や木製品が展示替えなしに長期間展示されており劣化が進んでいる。

バガン考古学博物館 Archaeological Museum Bagan
・バガンの全体像、特に寺院の構造などを分かりやすく見せている。
・バガンの仏像はコレクションは充実しているが、見せ方に工夫が必要。
・模型やジオラマが多く実物展示が少ない。

バガン漆器博物館 Lacquerware Museum Bagan
・漆芸品を作る芸術専門学校の敷地にある小さな博物館。
・漆器の制作工程を知る工房は充実している。
・展示館と売店、工房など別々の建物で分かりにくい。
・本館の展示室は雑然とした印象を受ける。

黄金王宮と王宮考古博物館 Golden Palace and Place Site Museum
・タラバー門近くに2008年に完成。
・黄金に輝く建物は立派だが展示品は殆どない。
・元の全景模型があると理解が進む。

ニャウンシェ文化博物館 Cultural Museum(Nyaung Shwe)
・古い藩王の居城を博物館として1964年に一般公開。
・建物が老朽化し改修の必要あり。
・王族の衣装や旧王宮の家具類は貴重。
・展示は並べただけと言う印象で大幅に手直しが必要。

タウンジー文化博物館 Cultural Museum(Taunggyi)
・開館は1956年
・民族衣装が人形で展示されており分かりやすい。これから廃れる作業着なども系 統的な収集が望まれる。
・丁寧に展示されているが、ケースや展示台が古くなりリニューアルの必要あり。
・油彩画に裏から直射日光が当たり危険。

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。