スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

Memorial & Praying Ceremony

Memorial & Praying Ceremony

20140324141637140.jpg

20140324141646635.jpg


毎年3月、日本ではお彼岸の時期にJICAミャンマー事務所では日本人墓地への墓参をしている。18万5千余人の戦没者を出したビルマ戦線での戦没者を祀る記念碑もあるが、この行事はJICAの殉職者を追悼するものだった。

36年前、1978年3月25日国内線の航空機事故により「日緬橋梁技術訓練センター設立調査団」一行、ミャンマー人2人と日本人6人が犠牲になっている。広い日本人墓地の奥まった一角に「殉職者慰霊碑」と刻まれた白い大理石の慰霊碑がある。

3人のビルマ人僧侶の読経の後、約50、60人の参列者が菊の献花と焼香を行った。JICA所長より英語で挨拶があったがよく見ると2割くらいはミャンマー人も参列していた。暑い時期なので7時過ぎから迎えのバスは出発したのだが途中ピックアップしながら、9時の開式となっていた。

中央に日本国政府の建てた戦没者慰霊碑を中心にビルマ戦線での戦没者を祀る岡山県や鳥取県などの碑がある。また、個人が親のために建てたり、最近没して戦友の側にと建てた2010年のものまである。古いのもでは明治期の在留邦人のものもあった。聞けば20年ほど前に空港近くのこの一角に日本人の他、中国人、インド人墓地などが集められて広い墓地公園となったという。


ミャンマーに来てビルマ戦線の戦記を読むにつけ、愚かな戦争で虫ケラのように死んでいった多くの戦死者の無念を思わずにはいられない。遺骨の収集も民間任せで進んでいないことにも胸が痛む。


Invitation mail

You are cordially invited to the Memorial & Praying Ceremony at Japanese Cemetery, Yaeway which will be held from 9:00 a.m on 23 March (Sunday) this year.

Every year our JICA Myanmar home staff, their family members, experts, and national staff gather at the cemetery and pray for the souls of our admired JICA mission group whose lives were perished too soon by air crash in March 1978.

The detailed program is as follows:
Date: 23 March 2013 (Sunday)
Time: 9:00 am
Venue: Japanese Cemetery, Yaeway

Program
1. Arrival of home staff, families, experts and national staff
2. Prayers delivered by invited Monks
3. Departure of invited Monks
4. Pray & pay respect by individuals
5. Shocho’s speech for memorial
6. Group Photo
7. Tour around the cemetery
8. Departure from cemetery

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。