スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

コンディション・レポートの完成

コンディション・レポートの完成

博物館での仕事はあまり公開できませんが、一部は報告したいと思います。

ここでは130年ほど前にイギリスによって終焉したマンダレー王朝の模型や遺品を多く展示しています。特にメインは1902年、イギリスに持ち去られインドのカルカッタミュージアムに展示されていたThe Lion Thrones(獅子玉座)です。9基あったといわれますが、他の8基は戦争で焼かれ模型だけですが、唯一現存する一体は1964年に返還されたものです。

次の部屋にはそれらが置かれていた王宮の模型があり、家具調度品が展示されています。それらの最後に王や王妃ほかの衣裳と刺繍などが20点近くありそれらの保存が問題です。開館以来ずっと展示されてきたため退色、ほころび、虫害など劣化が目立ちます。

この部分についてはどうやって保存環境を改善し、対策を練るかが課題となっています。着任して、ケース内外の温湿度をはかり、日本から取り寄せた照度計でルックスをチェックし、展示衣裳等を詳細にデータを取り、破損部分の写真撮影などを続けてきました。

このほどカウンターパートのウチョウシンナンとカムインチョが頑張って、レポートを仕上げてくれ数冊のプリントが完成したところです。これを館長や文化省に提出する運びのようです。

簡単そうなことですが、データ整理の際にコンピュータが故障し、一部データが消えたり、カラーコピーができないのでヤンゴン大学までコピーしに行ったり・・・日本では我が家にもあるカラーコピーもない状態です。

この職場で見かける限り公用のパソコンは2台だけ、その一台はまだ修理もされていません。そういえば先週故障した私の部屋のクーラーも直していだだけそうな気配はありません。

DSC00544.jpg

DSC00541.jpg




Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。