スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

バンコクで正月

バンコクで正月

今年も海外で迎えたお正月。一昨年はビエンチャンのラオプラザに泊って紅白を見たものだ。あれから一年、ヤンゴンではカウントダウンとかないよと聞いてお隣のバンコクに行くことにした。休みが取れたがヤンゴンに行く航空券が取れないという二男と合流し、3人でバンコクで年越しとあいなったわけだ。

10日しかない任国外旅行日程を考慮し、3泊4日の旅としたが、いかんせん短い。大みそかはホテルに聞いて有名なタイ料理店に。そして夜はNHK紅白歌合戦をほとんど見る。終わってもまだここでは10時、のんびりしながら中心街のカウントダウンに出かけた。駅から行列になるほど歩行者天国の大通りが人で埋まっている。

真ん中で演奏もやっているが遠くて見えにくい、人波に押されながらそれでも画面のカウントダウンと花火に興奮・・・一緒になって歓声をあげた。バンコクのすごいところはこんな人ごみのしかも真ん中の路上で物売りはいるわ、じわじわと車が人を押しのけ時速数メートルで動いている。

元旦はいささか遅めに朝食にいくもかなり混雑していたが、別室に通されゆっくり食べることができた。日本から極上の酒を持参してもらったので昨夜は心地よく酔って寝た。キッチンも付いているスイートルームは3部屋あり、バスタブの広いのが最高の幸せ。

昼頃になってようやく外出。少しだけ路線から離れているので毎回タクシー利用。どこに行っても100B超すことのない料金で助かる。前から気になっていたジム・トンプソンハウスに行くことにした。ラオスの王宮に彼のミュージアムの豪華画集がありその気になっていたのだ。

予想にたがわず古民家6棟と新館の展示館、ショップ、カフェなどとても充実した作りで驚いた。中でも私が関心をもったのは、各国の言葉ごとにガイドがついて館内外を案内してくれるシステムだ。われわれの日本語ガイドは30分ほど待たされ7,8人で説明してもらう。なかなか清楚な感じのお嬢さんで、タイ人と思えぬエキゾチックな雰囲気をもっていた。40分ほどていねいな説明を聞いた。ミャンマーからのコレクションも意外に多く参考になった。

翌日はルアンパバーンで知り合い現在バンコクでサルサ教室を開いているさおりさんにKMゴールドというタイスキの店に連れて行ってもらう。暑い国の鍋料理も乙なものだ。時間を見て三島由紀夫の小説を読んでいる息子の希望で暁寺院に行ったり、私のお勧めのニューハーフショウに行った。

タイはいつ来てもショッピングでもエンタテインメントも豊富で飽きない街だ。

DSC00341.jpg

DSC00378.jpg




Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。