スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

ヤンゴンでバスに乗る

ヤンゴンでバスに乗る

ヤンゴン市内の庶民の足は何といっても路線バスだ。複雑に見える路線も乗ってみるとと案外簡単、最近はすっかりはまってしまった。何といっても安いし早い、便も多い。日本円で5円、10円、20円、いままでこの3種類のバス代しか払ったことがない。いつでも20円渡すと適当におつりがくる。

ダウンタウンは縦横とも交互に一方通行なので、行きたい路線に行けば大概その先が見通せる。そしてダウンタウンではバス停はあまりはっきりしていなので人が集まっているところで見極める。バスには運転手と呼子、車内でお金を集める車掌と3人乗っている。呼子は行き先を3回ずつ連呼するがなかなか聞いていても分らない。しっかり停まらないうちに人も乗り込むし、呼子は手をひいたり背中を押してくれる。女の人でも平気で触りまくる・・・

さて、バスのボディは面白い。日本のなんとか交通とか懐かしい名前のバスがそのまま利用されている。中の表示もそのままだ。次停まりますや、非常口、行き先表示も日本のまま。懐かしい感じだ。問題はこの国は右側通行なので日本の中古車はハンドルと乗り口が逆になる。したがって写真のように左側の乗降口をふさぐ必要があってこんなみっともない仕様になってしまう。

あと、座席はうんと狭くたいてい木製に付け替えられている。左に3人掛け右に2人掛けで新幹線のようではある。みなきちんと座り、なるべく座れるように詰めてくれるし、私を見て席を代わってくれることもままある。すわり心地の悪さミャンマー数字だけの行く先表示には戸惑うも、庶民の生活そのものを至近距離で眺めるにはこのバスが一番だ。



               015.jpg

               014.jpg




Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

NoTitle

とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!

コメントありがとうございます

初めての株さん

コメントなどめったにないので遅くなりました。自分の記録として細々と書いています。よかったらまたおいでください。
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。