スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

ヤンゴンで日本映画際2013

ヤンゴンで日本映画際2013

12月7-8日と中心地サクラタワーの隣のネピドーという首都と同じ名前の映画館で、日本大使館など主催の映画祭があった。初日のオープニングが見たかったが、満席で、二日目の最後の部に行った。12月はルアンパバーンでも野外公園に銀幕を設営し誰でも見れる映画祭があったが、途上国の映画の現状を見るに意義があった。

ここの映画祭は要するに無料で日本映画の紹介に徹しており、回数も二日で4本。アニメや古いモノクロの「姿三四郎」「Good Husband]と私の見た「About her brother」など。英語字幕がありミャンマー人、西欧人、日本人もちらほら、結構反応はよかった。

ミャンマーの映画館は娯楽の少ないせいもあって、市内にも各地に常設館があり、人気が高い。中がどんなな風になっているか興味があった。昔の浅草ロックのように狭いが深い段になっており一番上からだとかなり見下ろす感じだ。料金も前が50円くらいで後ろに行くほど高く150円ほど。

帰りにDVDの店に寄ると韓流やタイ、インド、ハリウッド映画が主流で日本映画はなかった。映画館の上映作品もこんなミャンマー人の好みを反映している。もっと日本映画を売り込んでいかないと完全に韓流に水をあけられているのは悔しい。


Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。