スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

帰国報告会

帰国報告会

帰国してから早くも3週間がたちその間の事はあまり書いてこなかった。日本に居るだけで緊張感もなんとなくほどけて忘れ物なんかも逆に多くなったり・・・

点描的にここまでの流れを記録しておこう・・
帰国は1月5日の早朝だった。久しぶりの羽田に一歩降り立つとひやりとした真冬の空気が冬を時間させてくれた。下りた飛行機の向こうに赤く染まった朝空が印象的だった。

帰国プログラムは月曜からだったので土日は早速友人に会ったり、親や親戚の家をまわった。友人と最初に行ったのは評判の映画「レ・ミゼラブル」だった。映画館の無い国から来たのでなんでも文化に触れたいという熱い思いがあったからからもしれない。

さて、今回200人以上が世界各地から帰国して集合した場所はオリンピック記念青少年総合センターというところ。広尾の地球ひろばが閉館したのでまったく初めての事だと聞く。清算や説明のあとメインは外務大臣感謝状授与式だ。こういう感謝状が出るとは当初知らなかったので新鮮な思いで受け取った。阿部政務官が筒のままだが一人一人に授与かつ記念撮影をしながら進行。200人以上に渡すのは大変だったろう。もう一つ言えば政権交代したばかりの大臣の名前があるい訳で、隊次、国名、名前、日付、大臣名を手書きにするのは中々の作業だったと思われる。
DSC04277.jpg


19日には名古屋のJICA中部において帰国報告会が開かれた。愛知・岐阜・三重・静岡4県の派遣者が2期分約100人の該当者のうち青年協力隊員とシニア海外ボランティアが該当しているが、そのうち半数が発表をした。4部屋に分かれ各自20分ずつ11時から4時半までの長丁場だった。

私はBの部屋のトップバッターでラオスの良さを報告したが、驚いたことに21年前から当館の面倒を見てくらた森田先生、ルアンパバーンで知り合った3人の旅好き女子3名も花束を以て参加してくれて嬉しかった。
最後に全体懇談会でほかの帰国隊員や家族友人など一緒でにぎやかな交流会だった。

IMG_8730 (1)

1月29日
ラオスに残る観光の藤田さんからメールをもらった。それにはその日のビエンチャンタイムズに私の記事が載っているとのこと。2年前短期で来ていたオーストラリアのボランティア、ジョージが一月ほど私の任期と重なってともに一月過ごした。このたび私の帰国の直前に再度ルアンパバーンを一月ほどの予定で訪れていた。彼が取材に応じ写真も載せたものだ。
堀澤さんの記事1

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。