スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

展示が始まった 帰国まじかの雑感

展示が始まった 帰国まじかの雑感

帰国まで2か月余となり、最後の大仕事写真展開催まで半月と迫ってきた。ここで記録に残したい事が山ほどあるのに半分も書けていない焦りと、焦眉の急となった開会式まで落ち着かない日々を送っている。計画的にやってきたつもりでも時間の経つのは容赦なく身辺のざわめきを加速している。

任国外旅行も年間20日許されているが、JICAのサイトで確認したら12日残っている。とりあえず展覧会が終了したらチェンマイに行き見損なった国立博物館やドイ・スティープ山にはリベンジしよう。行きたかったミャンマーやブータンはビザが面倒であきらめざるをえない。

ポスター・チラシは苦労したが何とかルアンパバーンに到着した。博物館のガオが毎週トラックでビエンチャンに奥さんタラート関係の運び屋をしていることが判明、お金を出して運んで貰う事にした。しかし、市外のタラートに届けてくれという事でビエンチャンの博物館のカムセンに頼んでツクに乗せてそこまで運ぶとになり35万kほどかかった。その連絡や立替に博物館の歳原さんまで煩わしてしまった。

展覧会はとりあえず順調で展示も始まった。それでも見に来た局長や幹部の意見で中国やベトナム、インド、日本訪問の写真少しなら入れても良いよという事になった。ありがたいが展示の構成まで決めて配置が済んだ今になって言うなよ・・というのが本音。でもこういうこともあろうかと思い、プリント代は余分に取っておいたし、図録の写真の順番もまだ変更可能にしてある。1_20121028124808.jpg

tenji1.jpg


日本でもそうだったが、展覧会は生き物、刻々と状況が変わり臨機応変に改善していかないといい展覧会はできない。こんな動きをラオ人の同僚たちにも肌身で感じてもらった方がいい経験になるだろう。

それにしてもこの頃の同僚の動きは本当に良くなってきた。積極的に必要な備品を言ってきて買いに行ってくれるし、照明の取り付けもスムーズにやっている写真、展示の動作もそこそこ丁寧だ。時折、手袋使えとか床に直におかず何か敷くように手本を示したりしてはいるが・・・

2_20121028125508.jpg


Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。