スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

ルアンパバーンの日本人

ルアンパバーンの日本人

ルアンパバーンには何人くらい日本人が住んですかとよく聞かれる。一口に十数人くらいかなと答えているが多いのか少ないのか。

一番多いのがJICA関係者、私達シニアボランティア(SV)が3名うちのワイフも入れて4名、青年協力隊(JV)がいまは少なくて女性が2人、専門家の壮年が2人、森林減少のプロジェクトにかかわっている。8人とはいえ3か月ごとに増えたり減ったりしているので多い時は13人くらいいた時もあった。

ついで一般の方、6年以上仕事でおられる旅行社ハッピースマイルのI夫妻、今年になってゲストハウスで働くことになったNさんとYさん夫妻。ここは日本人の経営である。この方々で5人。このほかに最近別の旅行社に一人女性社員が働きだした。また、地元の方に支援してゲストハウスを作るために2年近く住んでいるKさん。

だいたい私の知る限りでは15人、郊外で焼き畑を研究にきて3年もすんでいるKさん入れて16人だが、他にもいるかもしれない。

隣人の韓国人に聞くと30人くらい住んでいるというので韓国人の半分ほどだ。中国人は相当増えているので除外すれば日本人の比率はどんどん減っていてさびしい思いがする。

電気製品やホンダ、スズキのバイク、トヨタの車は目立つがこのところ韓国産やタイ製品が目立って実感として日本製品の比率も落ちている実感がする。

競い合う事でもないが、住みやすいルアンパバーンではあるがここで働いて生計を立てるのは人件費の低い途上国にとっては容易でないだろう。日本人を相手にした旅行代理店やレストランはきっと需要があると思う。シムリアップで「アンコールクッキー」で起業している日本人のように、お土産品のヒットが作れれば勝算があると思うのだが・・・

2_20121009165102.jpg  1_20121009164550.jpg



Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。