スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

ラオスの植樹祭(Arbor Day)

ラオスの植樹祭(Arbor Day)

そういえば6月1日はラオスの植樹祭で去年は博物館の庭にたくさんの木を植えたことを思い出した。今年は増えすぎた池の魚をクワンシーの滝に放流するというので見に行った。つもりだった。7時からというが案の定、ラオス時間で8時近くになってやっと・・

「ほりさん、タックワンシまで行くかい」とノイが言うので「乗れればね」、という事で他の部署の車を探してこれに乗れという。足元に水のタンクを乗せて足の踏み場もないが、詰めてくれて滝へ向かう。

滝の2キロくらい手前で大勢人が集まっている。下りてみると5メートルおき位の間隔で竹の棒がさしてあり、そこに積んできたチャンパの枝を植えている。私らも一緒になって植樹に参加、それにしても穴掘って枝を差し込んで土をかけて終わり、こんな簡単なことで根付くのかな。
2012_0601_085426-DSCF2116.jpg



近くのカム族の子供たちも大勢来ていて、あんまり手伝っている風には見えなかったが集まって集団でゲームなどしていた。そういえばこの日は「世界子供の日」でもあったのでピクニックだったのか。
kasa.jpg


終わりごろ道路をふさいで全員集まって座ったので記念撮影でも始まるのかと一緒にならんだら、情報文化観光局の局長のお話しだった。道路を遮断して車を止めても誰も気にしないラオスだ。話の内容は全然わからなかったが。
2012_0601_100747-DSCF2142.jpg


後から追いついた博物館のトラックにはドラム缶が3本積まれていて、びっしり魚が詰め込まれている。一緒に後を追うと滝の料金所もフリーパスで一番奥の池に到着。集まってきた植樹を終えたメンバーによって放流がはじまる。どうもこれは隔年の行事の様で確かに今朝見た池は魚の頭でごった返していた。
fish.jpg


死にかけた魚たちは滝の近くのレストランで料理してもらいジュンパー(唐揚げ)となって、みなんで食べたことは言うまでもない。実はここでのパーティの後、運転手の家に移動しカラオケ2次会・・・ラオ人は元気だ。私は隅っこで昼寝をさせてもらった。家に帰り着いたのは5時近かった。魚の写真を撮るだけのつもり思いがけずピクニック飲み会の一日となってしまった。
2012_0601_110616-DSCF2154.jpg

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。