スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

謎の壺のジャール平原②

謎の壺のジャール平原②

シェンクワン二日目は5時から開いているというモン族のタラートに行くため4時出発と決めていたが起きると雨だった。「どうする」「しょうがないから6時半頃でようか」、また寝ると、しばらくして「あれ、もうやみましたよ」という事で6時過ぎに出発。

1時間ほど走ってバーンノペットのモン族の朝市に間に合った。屋根つきの広い市場には野菜から変わった動物・魚などいろいろ。フーを食べたかったが肉が終わったという事で運転手のカムさんが豚肉を買ってうちで料理して食べようという事になった。

*くったくの ない笑顔に囲まれて モンの市場の 子らとたわむる 
10_20120513181321.jpg

2012_0506_074731-DSCF1512.jpg



また1時間以上走ってカムさんの自宅に。市内のタラートの近くで便利なところにあった。息子4人のうち二人が外国に留学中とのこと。新鮮な豚肉は炒めた肉と焼いた肉で美味しかった。シェンクワン米は日本米と変わらず美味しく3杯もお代わりした。同行とともにタラートで買って帰った。

*ラオ人の 家でいただく ラオ料理 地元の味を 満喫せしかな
11.jpg


サイトという発見順の石壺群は県をまたがって70以上あるとは知らなかった。一番広いサイト1は広い丘の上から見渡すところに点在している。頂上から見渡せる場所で「キングオブジャールはどれでしょう」と大壺探し。所どころ爆弾の破裂した大きな穴があり、ここが戦場だったことを印象付ける。
2_20120513205613.jpg
*平原に 転がる壺よ 何のため ここにあるのか 語れよ壺よ  

壺は3割以上割れているか、倒れているか完全なものが少ない。たまたま夜一緒に食事したイギリス人の研究家によると戦争で3割、ほかは動物や雨など自然現象による破壊だという。
4_20120513205715.jpg

最初にいくべきだったがMAG(Mines Adovisary Grope)の事務所は地雷除去をしている組織だ。このオフィスは目抜き通りにありこの組織の広報活動をしている。土日は夕方4時から8時の開館だったので夜になってしまった。パネル展示を見ながら英語で説明を聞くことができた。またDVDで実際の活動を見る事が出来て有意義な時間を過ごすことができた。5_20120513210841.jpg


Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。