スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

博物館にリーフレットを

博物館にリーフレットを

ブログがおろそかになっているときは物理的というより、気持ちに余裕のない時だ。実際はそういう時の方が書かなければならない、残しておきたいことが多々あるのだ。

2月は逃げるという言葉通り逃げられてしまい、いまだに象祭りの事も姫路の団体さんの歓迎も上げることが出来ていない。

年度内に完成を目指していたルアンパバーン国立博物館の紹介のパンフレット、いよいよ間に合わない時間帯に入ってきて重い腰を上げたところだ。

ここの情報源は2006年アメリカ大使館の作成した同じ三つ折りパンフが古い情報を1万Kで売っているにすぎない。今回発行部数が少ないので売らなければどう配布するかは慎重にする必要があるが、一度作れば必ず改定の機会、予算が付けば増刷の可能性がでてくる。そんな一石のためにJICAとして残しておきたい事業と私は考えている。

このパンフの目的は

・撮影禁止の館内の写真を多く使い、館の知られざる魅力を紹介する。

・ガイドによってまちまちな博物館の正確な情報を館自ら発信する。

・ガイドブックや各種取材のソースとなりうる情報を提供する。

この辺にあるのだが、日英二か国語での発行がやや足かせになり気が重かった。しかし日本語が出来ていなければ始まらないと思い今週は大急ぎで日本語版をほぼまとめた。

そこで英訳をどうするかの話になって、これは英語と博物館と日本語のできる者にしか出来ないとはたと気付いた。そうすると日本人が最初に書き英訳しそれをネイティブに見てもらうしかないのだった。

ここでは有料でもそれをやってくれる日本人はそう多くいるとは思えない。それで自分でやるしかないとおもっていた時、そうだ仲間にたのもうという事でルアンパバーンに住む最も身近なIさん、Kさんにたのむことにした。

・この後、完璧な英訳をどうするか
・専門語の和訳をどうするか。

ここ2,3日が勝負だがこれまでにないパンフをめざし出発進行だ。

以下は3月12日の段階・・・校正中

2012_0312_163748-日1

2012_0312_163824-日2

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。