スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

ラオスに来て一年が経ちました。

ラオスに来て一年が経ちました。

昨年1月6日、JICAのシニア海外ボランティアとしてラオスに赴任してちょうど一年が経ちました。年始に日誌ならぬ月誌によりラオスでの一年間を振り返ってみたいと思います。

1月
年の初めとともに私たちのシニア海外ボランティアの物語が始まった。初めて赴く未知の国ラオス、期待に胸は膨らむが不安はなかった。バスで富士を出発して成田で前泊。アフリカ組も合流しあちこちで見送りと別れのシーンが。
はじめのひと月はビエンチャンで国の機関などにあいさつ回りや語学学校でのラオ語の研修、長いホテル暮らしだ。SV総会やら日本人会のラム酒工場見学会にも参加し、まずビエンチャンでのラオス生活が始まった。


2月7日、いよいよ任地のルアンパバーンに移動。博物館には着いて早々あいさつに、女性館長のバンペンはなんと日本語が通じるし英語もできる才媛です。フォーマルなことは何もなく、自然に30数名の館員に溶け込んでいくこととなりました。随伴の妻も招かれて王宮の庭で開いていただいた歓迎会も忘れられません。温かく人懐こいラオス人の仲間に囲まれて「ホリ、ホリ!」と呼ばれるのに時間はかかりませんでした。
 
日本の大学の支援による「10周年記念修復仏像展」が開かれ横田大使も見えた開会式に参列。この博物館の日本との交流の歴史を感じた。青年協力隊は10年前から考古や写真ですでに5人が赴任している。

blog_import_4dfcd0a4c006c.jpg




3月
幸い、自転車で15分ほどの郊外に一軒家も見つかりGHからの引っ越し、家でご飯炊いて食べることは当たり前だが、こんなに安心できるものなのか・・・。
さて、要請は「写真・ネガ保存」、王宮に伝わる19世紀末から1975年王政の最後までの写真類数万点を整理するという仕事です。写真の保管庫の7つの木製ケースに収められた数百冊のアルバムをコツコツ清掃することと全体の数を数えることから始めた。
東日本の大震災のニュースが飛び込んでくるも、どうにも応援できないもどかしさを遠い国から感じた。


4月
ラオスの正月、ピーマイはこの王宮を中心に動いている。パレードや派手な水かけの後は博物館に安置するパバン仏を隣のワットマイに運び、水かけをするのだ。館の周囲は人であふれ、その中を正装に身を固めた館員が大事そうに仏像を運び出す。何百年も続く大きな行事を目の当たりにしながらカメラを抱えうろうろしていた。
blog_import_4dfcd0c39d90e.jpg


      
仕事はとどこうりがちだが、ともかく雑多なアルバムを時代順に並び替える作業をカウンタパート3人と続ける。月末には初の任国外旅行にチェンマイに行った。自宅で館員とJOCVら20人も来て63回目の誕生日を祝ってくれた。宅配のない国で届いた息子たちからの花束はサプライズだった。

5月
暑い日が続く、夕立もある、停電もする・・・下痢が続いた日もあった。ムアンゴイというところは何もないというので「何もない」を見に出かけた。車で4時間、船で2時間・・通りが一つあるだけの村で見事な洞窟に遭遇、つい深入りし気付けば船の時間に遅れそうになり転んで指を怪我する。その日のうちにビエンチャンの病院に飛ぶというとんだ国内初旅行。
  
6月
二月かけてようやくネガフィルムをクリーニングしケースに収め5冊のアルバムを完成した。そのコマ数は8170枚となった。全部並べてスタッフと記念撮影。 
blog_import_4dfcd0eb1ae4f.jpg

     
夜中に大雨があったり、昼間も突然の雨、本格的な雨季、暑い日中の日照りは耐えられない。自転車の通勤は朝夕と昼と2回あるため、起伏の多い通勤はきついと思い始めた。
7月
SV総会で首都に上京、安全講習や大使公邸での食事会にも招待された。中旬に2回目の任国外旅行でサムイ島やバンコクに行った。私の担当する写真関係の数字がまとまる。写真約35000枚、ネガ約8000枚、写真のガラス原版600枚、切手4000枚、絵葉書2800枚、レコード約500枚・・・5万点を超す資料が対象となり、これをスキャナーで記録し新しい収納システムに変える作業は任期中に終わるのかなと不安になる。

      
DSCF4516.jpg日本との交流を示す写真も


8月
私の大家さんが、ワット・シェントンの隣に建てた新築一軒家に引っ越すことができた。一年分前払いしているラオスではその間の転居は難しいが、親切な大家が移ることを了解。世界遺産のど真ん中、職場まで4,5分の絶好のロケーション、朝は寺の太鼓で目が覚める。
家全景




夏休みに入り息子がルアンパバーンに遊びに来た。象に乗ったり、滝で泳いだり童心に帰って親子で楽しんだ。帰りにはハノイまで同行しハロン湾でクルーズもした3回目の任国外旅行だった。


9月
老朽化した木製棚に代えようとJICAに依頼していた、整理のためのスティールロッカーが届く。JICAのボランティア活動を見学しようというスタディツアーが来館、都合3組ほど
館内を案内する。個々の友人も含めると私の博物館ガイドは数十回をくだらない。ガイドによってまちまちな博物館情報は、館からの情報発信が少ないからで改善しなければならない。
3か国巡回のスウェーデンのスポンサーシップによる「メコン川物語」が開幕、派手な開会式には踊りも登場、各国の関係者も来館。でも展示は8月から一か月もかけてのんびりしたペース、日本では考えられない。
        
10月
健康診断一時帰国に6日から旅立つ。気にしていた数値も悪くなく、後半安心して北海道から栃木、千葉・東京などを動き回る。古巣の関西には京都の他、姫路に2泊するなど旧交を温めつつ、ルアンパバーンのアピールと必要資材の下見をした。
久々の温泉にくつろぎ箱根や日光・信州の紅葉に癒された。また90歳になった母や兄弟ともお墓参りと親孝行。
写真の保存について東京都写真美術館で開催されていた写真学会の保存セミナーに参加。旧知のS氏より地震の被災写真の救済手法を教わり、博物館の古写真の修復に大きく役立った。

11月
和食材もたっぷり持ち帰り、後半の活動に備えた。帰ってみれば話の分かるバンペン館長は外事局へ異動となり、CPのセンポンはロックフェラー財団の招きでニューヨークへ修行の旅に出ることになる。加えてコレクション・マネジャーのドアンチットは12月まで出産育児休暇中。残るはノイだけだが少ない戦力でも進めるしかない。先月から始めていたアルバムごとのスキャニング作業を再開、急ピッチで毎日リズム正しく続けることとする。
日本から一緒に付いてきた姉たち3人組を妻はあちこちへ案内。週末に時間を作りシムリアップのアンコールワットにも出かけた。一番行きたかった世界遺産へ行けた喜びは大きい。

12月
今年のルアンパバーンの12月はイベント続き。初旬に第二回ルアンパバーン映画祭。映画館のない街の真ん中での大画面は迫力がある。12年おきにしか回ってこないルアンパバーン国体が開催、開会式にも参加。宵闇迫るスタジアムに繰り広げられるマスゲームや花火に1万の選手と2万観客と共に酔いしれた。
国体で時期がずれたピーマイモン(モン族の正月)、カラフルな衣装をまとったモンの若者たちが毬投げの伝統行事、夢中でシャッターを切った。年末には行ったことのない南部へ、パクセに泊まり第二の世界遺産・ワットプーは肌寒いルアンパバーンから行けばまだ灼熱の地。先月に引き続き大規模なクメールの遺跡を見ることとなる。
iphone_20111230082739.jpg

  
チャンパサックからパクセ、サワナケットにはすべてバスや車で移動。布の村では、素朴な手作りの伝統を引き継いだ家々の機織りを見ることができた。規模は小さいがサワナケットの恐竜やプロビンス博物館での歓迎も忘れられない。その反面、タラートで見た子供たちの物乞いの姿に、カイソン元大統領の地元でこんなことがあるとかと胸が痛んだ。


あわただしく駆け抜けた外国での一年でしたが、残りの日々を数えることとなる今年は目標に向けて計画的な日々を送ろうと決めています。SNSやブログで瞬時に反応していただき、心強く後押ししていただいている実感を強く持っています。
もう一つ、ラオスでの集大成に5万点の資料から厳選した写真展を開催し、活動の足跡をここに刻んで帰るのが大きな夢です。二本松研修所で最後に書いた寄せ書き「足跡を残す」を実現したいと決意しています。本年もよろしくお願い申しあげます。
堀澤光栄(ほりさわ みつえい)JICA シニア海外ボランティア 22年3次隊
ブログ:「ラオスの風 南の国のミュージアム」http:/czb12447.blog.fc2.com/2
FACE BOOK:

メコン川の夕陽

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。