・南の国のミュージアム ミャンマー編

国立王宮博物館

  同じカテゴリの記事が一覧表示されます
edit-notes16.png--.--.--.

スポンサーサイト

⇒ 続きを読む

博物館で謎の現象

私が2年近くの博物館生活で遭遇したさまざまな出来事はたいてい説明がつきます。説明出来るという意味です。ラオス人がなぜパーシなる儀式をやるとか、精霊を信じているとか、病気はそのピー(精霊)の仕業だとか・・・しかし、2012年10月12日午後4時に直面した謎の現象はいまだに説明がつきません。閉館間際、ヌーが大慌てでドアンティットを呼びに来て彼女も飛んで行ったのですが、私はPCを落としたりあわただしく部屋に居ました...

クリックで
記事が開きます
edit-notes16.png2012.10.21.

博物館で謎の現象

掲載された新聞、雑誌

ラオスに居る時間は短いのだから出来るだけ来訪者は拒まず、人と付き合い、行ける所に行き、取材には応じていこうという姿勢でやっている。この度もラオスで発行されているフリーペーパー「TASTE OF LAOS」の取材があったので応じた。これは季刊といってもピンとこないが7~9月号に記事が掲載された。最初の写真は赴任当初、オーストラリアのビジネス・ボランティア、ジョージと一緒の展示室内の写真。彼は3か月の予定でカメラ技...

クリックで
記事が開きます
edit-notes16.png2012.07.31.

掲載された新聞、雑誌

皇太子殿下がルアンパバーンを訪問

皇太子殿下に置かれましては初のラオスへの正式訪問の二日目、ルアンパバーンに到着になられ、本日午前10時40分より約40分間、ルアンパバーン王宮博物館をご視察になられました。20台近い車両がサイレンの白バイに先導され、ヘッドライトを付けながらの走行はさながら王様のいる王宮に向かうがごときでした。博物館の職員は何日も前から掃除や設営、草取りなど本当に良く準備にあたってくれました。そういえば朝の出がけにメインス...

クリックで
記事が開きます
edit-notes16.png2012.06.30.

皇太子殿下がルアンパバーンを訪問

休館日の仕事

当館は毎週火曜日が休館日となっていて庭も含め中には入れないようになっている。博物館としては通常の業務があり清掃や草取りなどメンテナンスに充てている。館内の清掃をしたり3か月ごとの展示の取り換えも立ち会っていた。昨年まではそうした全体のペースに合わせて草取りなども暑い中一緒にやっていたが、自分の仕事がはかどらず今は展示替えまでを手伝う事にしている。今週はピーマイで水かけの為隣のワットマイまでパバン仏...

クリックで
記事が開きます
edit-notes16.png2012.04.28.

休館日の仕事

博物館の庭の7不思議 後半

④ホー・パバーン(パバーン仏安置堂)博物館の入口のお寺?これは博物館の「祈祷の間」に仮安置しているパバーン仏を安置するためのお堂だ。2006年から建設しているが未だに完成していない。どうも建設費の工面ができずのびのびになっているらしい。しかし外見はすっかり完成しているのであとは内装を残すのみという事だ。私には居心地のいい博物館から仏様が動きたく無さそうに思えている。⑤シーサワン・ヴォン王像入口にホー・パ...

クリックで
記事が開きます
edit-notes16.png2012.03.13.

博物館の庭の7不思議 後半


MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。