・南の国のミュージアム ミャンマー編

ヤンゴン国立博物館

  同じカテゴリの記事が一覧表示されます
edit-notes16.png--.--.--.

スポンサーサイト

⇒ 続きを読む

博物館で活動報告のプレゼン

博物館でプレゼンをする。22日にJICA事務所に提言書をコピーに行くと「JICAとしてのお礼の表敬は明日でもいいですか。」と聞かれた。もう一人のシニア海外ボランティア境さんの都合だと言う。「適当に相手がいれば早くていいですよ。」「それではその線で連絡します。」と言うことになった。「待てよ、挨拶してそれでは終わりと言うこともできないな。」一瞬思う。「そうだコピー取れば提言書終わりだし、プレゼンやりますよ。」と...

クリックで
記事が開きます
edit-notes16.png2014.04.29.

博物館で活動報告のプレゼン

Outline of " The National Museum of Myanmar, Yangon"

The National Museum of Myanmar, located in Dagon Township, Yangon, is the main museum of Myanmar art, history, and culture in Myanmar. Founded in 1952, the five-story museum has an extensive collection of ancient artifacts, ornaments, works of art, inscriptions and historic memorabilia, related to history, culture and civilization of Burmese people.The National Museum of the Union of Burma was fir...

クリックで
記事が開きます
edit-notes16.png2014.03.14.

Outline of " The National Museum of Myanmar, Yangon"

ディプロマコースで授業する

ミャンマー各地の博物館から現職の館員を中心に一年掛かりで博物館業務を訓練し、終了するとディプロマと呼ばれる。今回は33名が受講しており博物館の3階の部屋で朝の9時半から午後4時まで行われている。講師は元博物館館長や大学の先生、博物館員など20名以上だという。私は元館長のド・ヌ・ムラザン女史に頼まれて2月11日に急にやることになった。とはいえ、昨年の暮れから頼まれてはいたのだが、「何時やりますか」と言い出せな...

クリックで
記事が開きます
edit-notes16.png2014.02.14.

ディプロマコースで授業する

コンディション・レポートの完成

博物館での仕事はあまり公開できませんが、一部は報告したいと思います。ここでは130年ほど前にイギリスによって終焉したマンダレー王朝の模型や遺品を多く展示しています。特にメインは1902年、イギリスに持ち去られインドのカルカッタミュージアムに展示されていたThe Lion Thrones(獅子玉座)です。9基あったといわれますが、他の8基は戦争で焼かれ模型だけですが、唯一現存する一体は1964年に返還されたものです。次の部屋には...

クリックで
記事が開きます
edit-notes16.png2014.01.11.

コンディション・レポートの完成

日本からの訪問団

ラオスの時も事前に対応をお願いされて団体を案内したことは結構あった。このミャンマーでは初めてとなる早大国際教養学部大門教授のゼミ一行、23名。こんなマイナーな国へ23名も引き連れてくるとは少々驚きだ。聞けば先生はJICAの専門家でヤンゴンにもいたことがあるというし、それなりに地の利があるらしい。私にとっては母校の後輩にも当たるので、とはいえ親の世代より上だが・・・親切にほかの職員二人も加わって広い館内を案...

クリックで
記事が開きます
edit-notes16.png2013.12.27.

日本からの訪問団


MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。