・南の国のミュージアム ミャンマー編

王宮写真展

  同じカテゴリの記事が一覧表示されます
edit-notes16.png--.--.--.

スポンサーサイト

⇒ 続きを読む

「写真展 ライフ・オブ・ルアンパバーン」

ルアンパバーン国立博物館美術館のキュレターとして日本では年間、何本もの展覧会を開催していたのですが、ラオスでの普通の写真展くらいでこんなに大変だとは少し予想を超えていました。一番の原因は言葉の壁、次は体制の違い、そして業者の未発達。2,3は1に通じるもの。いかに今まで個々の業者に丸投げしていたか反省しています。ある意味、原点に帰り額入れから展示の釘打ち、キャプション作りまで自分でやって見せなければ誰...

クリックで
記事が開きます
edit-notes16.png2012.11.20.

「写真展 ライフ・オブ・ルアンパバーン」

展覧会の仲間たち

人生はドラマだと思う。ルアンパバーンで暮らす2年間にもドラマが必要だと前々思ってきた。この最大の山場を帰国に2か月前に持ってきたのはこのドラマの締めくくりにどうしても必要な設定だった。そのヤマバ「ルアンパバーン国立博物館写真展」開会式は15日にやってきた。無事終了した。人には言えない苦労があったが終わってしまえば思い出にの中に沈着して行くだろう。2日に副局長がみえて約3分の1の作品の入れ替えを余儀なくさ...

クリックで
記事が開きます
edit-notes16.png2012.11.17.

展覧会の仲間たち

展示が始まった 帰国まじかの雑感

帰国まで2か月余となり、最後の大仕事写真展開催まで半月と迫ってきた。ここで記録に残したい事が山ほどあるのに半分も書けていない焦りと、焦眉の急となった開会式まで落ち着かない日々を送っている。計画的にやってきたつもりでも時間の経つのは容赦なく身辺のざわめきを加速している。任国外旅行も年間20日許されているが、JICAのサイトで確認したら12日残っている。とりあえず展覧会が終了したらチェンマイに行き見損なった国...

クリックで
記事が開きます
edit-notes16.png2012.10.28.

展示が始まった 帰国まじかの雑感

ビエンチャンで写真をプリント

ルアンパバーンでは大量の額の手配と写真のプリントが無理なのでビエンチャンに注文した。難航した写真の選別が終わり首都に上がる事にしたがこれが最後の出張という事になる。そう思うと見慣れた空港も途中の山並みも少々感傷がこもってくる。3か月ぶりの空港に待っていたのは200人乗りのジェット機、新車ではなく新機というのかな、やるじゃんラオエアー。ビエンチャンまでたった30分だった。しかも一度南に向かって飛び立ち半島...

クリックで
記事が開きます
edit-notes16.png2012.10.20.

ビエンチャンで写真をプリント

ポスター案ができる

11月からの王宮写真展はいよいよ大詰め段階に・・・セレクトした150点の写真は紙焼きにプリントして館長経由で局のしかるべきところで出品の可否を判断してもらう段階になった。これで中身が決まれば一個一個を画像修正ソフトで手直しする。同時にキャプション情報を入れて行かなけらばならない。画像修正はレが得意でCPのノイもうまくやれるようになったので進めてもらっている。キャプション自体は来月で間に合うが、図録の出稿...

クリックで
記事が開きます
edit-notes16.png2012.09.07.

ポスター案ができる


MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。