・南の国のミュージアム ミャンマー編

活動内容

  同じカテゴリの記事が一覧表示されます
edit-notes16.png--.--.--.

スポンサーサイト

⇒ 続きを読む

首都 ネピドーに表敬訪問

首都ネピドーに表敬訪問。どこの国でもJICAボランティアの受け入れ機関に、着任と離任の折には挨拶に行くことになっている。首都がヤンゴンから350キロも離れているミャンマーはちょっと厄介だ。朝の7時のフライトで行って午後6時のフライトで帰るが、省庁で掛かる30分ほどのため朝5時半のピックアップと暇つぶしが何とかならないか。前回はシーゲームの会場激励もあって充実していた。今回もしっかり要望を出した。首都にも開館し...

クリックで
記事が開きます
edit-notes16.png2014.04.29.

首都 ネピドーに表敬訪問

edit-notes16.png2012.12.18.

最終報告書

JICAボランティアには派遣期間中に5回ほど報告書を提出する決まりです。これを書くといよいよ最後の大詰めだという感じがします。近況をかねて最終報告書の下書きを載せることにします。2年間と言っても実質22カ月の赴任期間は長いようで短かったというのが実感である。今思えば、あれもこれもやりたかったという欲張った願望で図るとやり残したことも多かったと思う。しかし、ルアンパバーンというラオスで最も人気のある観光地で...

⇒ 続きを読む

展覧会、帰国までも秒読み段階

昨夜は開会式に出演してもらうパラパラン劇場の舞台を鑑賞した。長くここに居るのにきちんと全部見るのは初めてだった。内容はナンケオダンスやラーマヤーナの踊りなど約1時間半、衣装もきらびやかで民族楽器の生演奏も総勢30名ほどだ。月、水、金、土の週4日開催しているが雨期などは数人の時もあって大変だろう。この日は見た感じ50人以上は観客席は埋まっていた。12月25日ルアンパバーンを離れてビエンチャンであいさつや帰国プ...

クリックで
記事が開きます
edit-notes16.png2012.11.11.

展覧会、帰国までも秒読み段階

あと100日になりました。

早いものでラオスのルアンパバーン国立博物館で活動を開始して約1年9か月、残りの任期が100日となりました。先輩に送ったメールを一部修正して載せます。昨年1月初めにラオス・ルアンパバーン国立博物館に赴任し早くも帰国まで3か月を数えるこの頃となりました。私の要請は博物館の「写真・ネガ保存」という事でしたが、20世紀初頭から王政の終焉する1975年までの写真は優に3万点を超えるのものでした。当初は埃やカビの除去から始...

クリックで
記事が開きます
edit-notes16.png2012.09.30.

あと100日になりました。

edit-notes16.png2012.06.19.

動き出した「写真展」

11月から開催予定の「ルアンパバーン王宮博物館写真展」ですが、今度はJICAがスポンサーになって成立する訳です。したがってJICA事務所との協議をしないと始まらない。計画が少しずつずれこんで6月になったが約5か月かけて準備していくこととなる。所長みずから会議に出席してくれて、博物館からはカウンターパート(CP)のブンタボンも同行して用意した議題で了解をいただいた。ラオ語しか話さないCPのために事務所で通訳も出して...

⇒ 続きを読む


MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。