・南の国のミュージアム ミャンマー編

世界遺産

  同じカテゴリの記事が一覧表示されます
edit-notes16.png--.--.--.

スポンサーサイト

⇒ 続きを読む

世界遺産 フエ~ホイアン~ミーソンの旅

どんどん時間がたっていく。任期も一年過ぎると時間の経つのは早いよと先輩隊員に言われていたがまさにそれを実感する日々だ。ブログの更新も遅れ気味、仕事で言えば写真の整理用の保存箱が届き、分類・整理して仕分けする次の段階に入ったことも書きたいし、ピーマイのさまざまな準備も触れておきたかった。この旅行はピーマイが始まる12日までに戻ることを前提にかつ、フエの大下さんの情報で2年に一回のフエ祭りが見れると聞い...

クリックで
記事が開きます
edit-notes16.png2012.04.13.

世界遺産 フエ~ホイアン~ミーソンの旅

ワットプーの暑さ

2001年に登録されたラオス二つ目の世界遺産ワットプーを初訪問。同行の隊員新井君も先月はなかったという顔写真付きのチケットを買って、遺跡展示ホールからまわる。遺跡の入り口で再度チェック、いちいち名前控える。日本語もでてフレンドリー。南北の宮殿はインドとフランスによって復元作業が行われていた。リンガの道を登ると、そのまま本殿の階段に続く自然の山腹を上手く利用した作りになっている。中には仏像が祀れ14世紀以...

クリックで
記事が開きます
edit-notes16.png2011.12.30.

ワットプーの暑さ

シムリアップ・アンコールワットへの旅②

ブログ書くのは自己満足しかないのだが、読んでいる人がいる以上少しは役に立つ情報を提供できるように書くこととしよう。帰国したとき、いつも読んでいますって声かけられてうれしかったこともあったので・・・この地域の遺跡は途方もなく大きく広く、平らで石と木々の緑と水に囲まれ、人工的に作られたオアシスだ。これを数日で見ようという方が間違っている。次回は親父バックパッカーとして何日か滞在し、心行くまで見て回ろう...

クリックで
記事が開きます
edit-notes16.png2011.11.23.

シムリアップ・アンコールワットへの旅②

シムリアップ・アンコールアットの旅①

2011.11.11~14自分の行きたい世界遺産では5指に入るだろうアンコールワットに念願かなって行くことができた。これまで海外の世界遺産では中国の万里の長城や黄龍・九寨溝をはじめ、スペイン、フランス、イタリア、アメリカなどかなり行っているつもりだが、5指といえばマテュピチュやナスカの地上絵、グランドキャニオン、アフリカや、オーストラリアが残っている。さて、今回のカンボジアの世界遺産で特に感じたことは壮大なジ...

クリックで
記事が開きます
edit-notes16.png2011.11.20.

シムリアップ・アンコールアットの旅①

新居は世界遺産の名所です

裏の窓から黄色い世界遺産事務所の建物が見える。その隣はトリップアドバイザーのルアンパバーン・ホテル部門のトップのメコン・リバービューホテル。伝統的な木造建築はうちと同じ形・・・この世界遺産指定地区はさまざまな制約があって、つくりや色形は大体伝統を踏襲、塀と窓の外枠は木製、洗濯ものは表に干せない等々守らなければならない。完成したばかりの我が家は(もちろん借りているだけだが)、その辺の条件がしっかり守...

クリックで
記事が開きます
edit-notes16.png2011.09.05.

新居は世界遺産の名所です


MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。